手・足の痛み、しびれの治療について

このようなお悩みありませんか?

  • 手足が重だるく感覚がおかしい

  • 腕、足に脱力感がある

  • 首や腰を反らした時に痛みが出る

  • 握力が低下して物を持つのが辛い

  • 足の付け根から太腿のうしろにかけてしびれが出る

  • O脚が気になる、股関節痛が出てきた

  • 歩き出すとしびれが出て立ち止まることがある

なぜ手・足のしびれがおこるのか?

 

しびれは、体のどこかで神経が圧迫などにより障害されることにより起こる症状ですが、様々な原因が考えられます。 手のしびれの原因でもっとも多いものはパソコンなどを使う長時間のデスクワークと、それに伴っておこる肩こりです。 長時間のパソコン作業で緊張し続けた筋肉は血流が滞り、肩こりが起こります。 腕や手の神経は、首(頸椎)から出て、肩のあたりを通って腕や手の先まで伸びています。

 

首や肩のこりがひどくなると、緊張した筋肉により腕と手に向かう血管や神経が圧迫されてしまい「しびれ」を起こします。神経が圧迫されていると、一般的にビリビリ、電流が流れるような痺れが多く、神経に沿った範囲でしびれが起こります。 特に、鎖骨周辺で神経や血管が圧迫されているものを胸廓出口症候群と言います。首が長めで、なで肩の女性に多く、手や腕のしびれの他に熱感、冷感、脱力感などの症状が現れます。

 

手・足のしびれの原因とは

 

その他の原因としては、首の椎間板ヘルニア、頚椎症(首の骨の変形)、手根管症候群(手首の靭帯の中を通る神経が何らかの原因で圧迫される)、頚部脊柱管狭窄症などがあります。 頚部脊柱管狭窄症では、腕や手だけでなく足にもしびれが起こり、麻痺を起こします。

 

神経が圧迫されて起こるしびれの自覚症状は通常は片側ですが、両側でもしびれが出てくることがあります。両側のしびれの場合は脊髄病変が考えられ、症状の進行は筋麻痺へ発展する可能性がありますので、病院での受診をおすすめします。 足のしびれの原因の多くは脊柱管狭窄症や座骨神経痛、腰の椎間板ヘルニアなどです。疲労し、硬くなった筋肉が神経を圧迫ししびれを起こしたり、ヘルニアの場合は骨と骨の間でクッションの役割をしている椎間板の中に入っている髄核が飛び出し、神経を圧迫ししびれを起こします。

 

手・腕のしびれに対する治療法は?

 

まず身体の基礎である骨盤の状態を安全な方法で解剖学的に理想の状態に近づける施術を行います。次に肩甲骨、頚椎を同様に調整いたします。痛み、しびれの原因がお身体の他の部分に影響していないかまた、お身体の中の不調が引き金になっていないかなどを東洋医学的な側面から脈やお腹の硬さなどをみていきます。

 

診察を元に鍼やお灸で足、腕、お腹、背中のツボを刺激して、自律神経の調整を行い痛み、しびれによるストレスを軽減していきます。 お身体全体に鍼をしていくことで、自律神経のバランスが整います。 また、鍼をすることで体の免疫反応による血行改善がみられ、血液やリンパの流れが良くなります。お身体に溜まっていた老廃物が流れていくことによって様々な症状が改善されます。

 

料金について

トータルバランス治療 1回7,000円(60分程度)

初診料は別途2,000円いただきます。

初回限定価格キャンペーン実施中

 

まずはお気軽にお問い合わせください

 

まず、今すぐ表示されている番号へ、お電話ください。 そうすると友愛はりきゅう整骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。あとはスタッフがあなたのご希望のコースや症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんのでお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

ページの先頭へ